るみなす通信2017-07-08

 この4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会の会員になりました。
横浜みなとみらいホール大ホールで行われる年10回の公演ですので、ほぼ月に1回
あります。先日の公演は、前半はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ
風」で、何回もCDで聴いたおなじみの曲でした。佐藤俊介さんという一流のヴァイオリニ
ストが弾くのを生で聴くのは、迫力がありました。後半は、シューマンの交響曲第2
番。今まで聴いたことがなかったので、事前にCDを購入して聴きました。クラシック音楽
は、生で聴く前に曲になじんだ方が感動できると思うからです。しかし、CDで聴くのと生
演奏では別物と思うほど違いました。主旋律を奏でるオーボエやフルートの音色がホール
に明確に響いて、こんなに素晴らしい曲なんだと聞き惚れました。やはり生演奏は良いで
すね。あなたの知らない名曲に会えるかもしれませんよ。

◆今回の練習
 7月8日(土)18:00~21:00 栗田谷中学校(男声)青木小学校(女声)
 男性と女性に分かれて練習しました。
 美空ひばりの愛燦燦の音取り
 「Adorna thalamum tuum,sion」
 「おらしょ」
 「合唱のためのコンポジション」
 
◆次回の練習
 7月15日((土)15:00-21:00  反町ケアプラザ 
 15:00-17:00 永澤先生のボイトレをアルトを中心に行います。
 18:00-21:00 通常練習 
 「Adorna thalamum tuum,sion」
 「おらしょ」
 「合唱のためのコンポジション」
 美空ひばり作品集「愛燦燦」「川の流れのように」
 
 清水先生にお越しいただきます。

コメント欄は閉じられています。